お花を届けていただきました


看護師の藤田です。

先日、ご自宅でご家族に見守られながら永眠されたご利用者様がいらっしゃいました。

その後家族より、かわいらしいお花を届けていただきました。

スタッフ皆嬉しく思い、その利用者様の思い出話をしてなんだか寂しいような、でも満足そうな利用者様や家族の顔を思い出すと、達成感を感じるような気持でした。

慣れない介護にご家族は大変戸惑われた様子でしたが、お看取りの瞬間まで傍に寄り添っていました。

お看取りはとても寂しいですが、色々なことを学ばせてくれます。

住み慣れたご自宅での在宅療養を希望される方は増えてきています。ですが、ご家族の介護負担や急変時の対応、経済的負担など様々な理由で在宅療養を断念せざるを得ないこともあります。

患者様、ご家族の皆さんが「家で最期を迎えたい、迎えさせてあげたい」と在宅療養を選択するのであれば、私たちはともに悩み、寄り添い、不安や恐怖感を最小限にできるようサポートしていきたいと考えています。

Follow me!